• AKARI CUT PARIS

カルケルから髪を守るには?硬水対策

よくお客様から、 「 毎日髪洗ってるけど、本当は洗わない方がいいんでしょ?」 とか「 フランスの水だと髪がパサつくわー」と伺います。


そういう時、私はいつも「髪は毎日洗わない方がいいです」とお答えしています。

なぜなら、髪が固くなってしまうからです。

その理由はいくつもありますが、主にフランスの水が硬水だからです。



では、硬水軟水 とは何なのか? なぜ硬水だと髪が硬くなるのか?

シャンプーに欠かせないについて調べて見ました。


硬水とは?

炭酸カルシュウムの量が120mg/L 以上※

軟水とは?

炭酸カルシュウムの量が120mg/L 未満※


炭酸カルシュウム(カルケルの含む成分)

※WHO(世界保健機関) 基準


ご存知の通り、水の性質は地形や地質と関係があります。

下記のように比較すると:


ヨーロッパ:

地質:石灰分、ミネラル分が多い

地形:なだらかな土地が広がっている    


日本:

地質:ミネラル分が少ない

地形:高低差のある土地が多い


フランスでTGVや車の車窓から景色を見ると、延々と広大な土地が広がっていますよね?

この地下には100年単位で水が眠っているわけですが、片や、国土のおよそ7割が山と言われる日本で新幹線に乗ると、トンネルだらけ…。

この違いがお水の性質に関係あったんですね!


※「硬水軟水が出来る仕組み」を私の父がわかりやすく図解してくれました。ご興味のある方はPDFをご覧ください。(「お父さんありがとう!」)


フランスに住んでいると、洗濯物が乾くと固くなったり、卓上の湯沸し器の内側が真っ白になったり、シンクに水のあとがくっきり残っていたりしますよね?


これらの正体はご存じの通り、「石灰岩」(カルケル) です。


ちなみに巷でいわれる カルキ とは水を殺菌する為に使われる薬品のことです。


この「石灰」が、髪の毛にどう影響するでしょうか?


髪は濡れるとキューティクルが開きますが、その中にこの石灰が入り、髪が乾くと髪の内部や表面に石灰が残ってしまいます。


つまり…

毎日髪を洗っていると、少しずつキューティクルの内部や表面に石灰が入り込み、髪を覆ってしまうのです。


これが、髪がごわついたり乾燥する原因になのです。


ヨーロッパの人たちが毎日髪を洗う習慣がないこと、お化粧のふき取り洗顔を考えついたのは、この「美容の敵!石灰」に対する先人たちの知恵(ちょっと、大げさ?)(笑)でしょう。


石灰=カルケルから髪を守る硬水対策アイテム


ということで、お客様の「髪や頭皮のキレイ」を維持する為、本日は、ご自宅で気軽に始められる硬水対策アイテムのご紹介です。


石灰を取り除くシャワーヘッド

Spa Shower Douchette Eco-Thermale 15~17€

Bricorama(ブリコラマ)にて購入できます。 詳しくはこちら


購入前にご自宅でお使いのホースの大きさを確認します。イタリア式は別として、フランスではこのタイプが多いようです。(賃貸の方は今お使いの物は大事に保管してください)

シャワーホースへの取り付けは超簡単


シャワーヘッドは色のついた石のボールが何種類か入っています。

私が買った商品には、

  • 白の玉 ケイ酸塩 Silicate :塩素をろ過して和らげ、PHを調整(ヘッドの部分に入っている)

  • 黒の玉 カルシウム Calcium :石灰質をろ過(取っ手の上の方) anti-calcaires

  • レンガ色の玉 クオーツビーズ Quartz :抗菌作用


世間で売られているシャワーヘッドのお値段はピンキリで、私も色々使って見ました。


100€以上する「いいお値段!」の物の中には、明らかに「水がまろやか〜♪」と感じさせてくれます。予算のある方向けオススメ商品もあります。


フィルターの玉の種類も、やれ「ゲルマニウム Germanium」 だの「トルマリン Tourmaline rouge」 だのありますが、何はともあれ、一番大事なのは"anti-calcaire" (石灰質を抜く)の玉が入っていることです。


余談ですが、「ビタミン入り!」なんていうのも試してみましたが、シャワーから「黄色い水」がでてきて気持ち悪く、速攻捨てました。(笑)


購入した後…


フィルター付きシャワーヘッドは、フィルターの役割をする「玉」を定期的に交換する必要があります。


飲み水の浄水器、 "Brita"(ブリタ)をお使いの方も多いと思いますが、フィルターカートリッジを8週間ごとに交換しないと効果がなくなりますよね?


このSpa Shower Douchette Eco-Thermaleは、6か月ごとにこの玉を交換するよう推奨しています。玉は別売りされており、玉のみの交換可能です。


ただ、使用期限間近まで使うと、シャワーヘッドが石灰で詰まってきて、個人的には「ヘッドごと取り替えたくなる」ので、長く使う為にはもう少し早めに玉を取り替えたほうがいいかもしれません。


最後に…

シャワーヘッドにフィルターをつける以外に、石灰分をとるにはシャンプー、トリートメント後にお酢を髪にかけると良い(もちろんヘアー用)というお話もあります。


そのお話はまたブログに書きますね。


Akari

172回の閲覧

Akari Cut Paris

Situé au coeur de Paris - Métro Châtelet.  

Heures d'ouverture

Mardi~Samedi 10:00~20:00

Le dernier rendez-vous 18:30