• AKARI CUT PARIS

こんなにある!シャンプーの種類

更新日:10月19日




お客様に「シャンプーは何をお使いですか?」と伺うと、ほとんどの方がお使いのシャンプーのブランド名を教えてくれます。

そこで「どのような効果のある」シャンプーですかと伺うと、

「えっ!? シャンプーなんてみんな同じでしょ?このブランド流行ってるし、保湿系だったと思うけど…」



フランスで買うシャンプー、フランス語の聞きなれない専門用語?もあるし、細かい説明を読んでも「いまひとつピンとこない」という方も多いと思います。



髪の美しさはシャンプー次第?!


実は、シャンプーの持つ効果で、あなたの髪は劇的に美しくなるんです。


そこで今日は知っておくと役に立つ、シャンプーの種類をご紹介します。


現在販売されているシャンプーには、大まかに分けて7種類あります。


①地肌のクレンジング用

②ボリュームを出す/または抑える

③日常的に使う

④ダメージヘア用

⑤カラー用

⑥フケ防止

⑦ビオ系


それ以外の特殊な効果のもの:

  • 医療系(抜け毛、かゆみを抑えるなど)←こちらは皮膚科専用なので割愛します。

  • 髪に含むカルキを取り除く、デトックス系

  • 紫外線カットシャンプー

  • 石鹸シャンプー

  • 紫シャンプー(巷では「むらシャン」といわれる)

  • ビタミン入りシャンプー

など、こんなにたくさんあるんです!

この中から、自分の髪にピッタリあったシャンプーを選ぶことが重要です。


シャンプーを買うときに役立つフランス語


…というわけで、まずはシャンプー選びの際に役立つ、フランス語のキーワードをいくつかご紹介します。


①地肌や毛穴のお掃除をしたり、さっぱりさせたい

  • shampooing faicher(さっぱり、リフレッシュするシャンプー)

  • unifiante (地肌を清める)

  • cleanging (クレンジング)

  • nettoyant (地肌のお掃除)

  • cuir chevelu(頭皮)


②ボリュームを出したい/抑えたい

  • shampooing volume(ボリュームを出す)

  • cheveux fins(細毛用)

  抑えたい場合:

  • cheveux epais(太い髪用)

  • cheveux indisciplinés(髪がくせ毛、ボリュームありすぎなどで膨らんでしまう方用)


③特に髪が痛んでおらず、普段使いしたい

  • shampooing hydratant (保湿効果の高いシャンプー)

  • quotidien (日常的に使える)

  • sain (健康な)

④髪にダメージを感じる、すごく乾燥していると感じる

  • shampooing pour cheveux abimés(痛んだ髪用)

  • shampooing pour cheveux secs (乾燥した髪用)

  • riches(超高保湿)

  • shampooing réparateur / réparation intense (髪の補修効果が高いシャンプー)

⑤カラーの色を保ちたい

  • shampooing pour cheveux colorés (カラーされた髪用シャンプー)

  • couleur brillante (色が輝く)

⑥フケが落ちるのが悩み、フケを防止したい

  • shampooing anti-pelliculaire(フケ防止効果のあるシャンプー)

⑦シリコンなどを使用しない、ビオ、植物性

  • shampoing naturel(自然)

  • bio shampoing vegetal (ビオ植物性)

  • shampoing vegane (ビーガン)


いかがでしょうか?

次回シャンプーを選ばれるときに、ぜひ参考にしてください。


当サロンではいろいろな種類のシャンプーをご用意しています。

ご希望のお客様には、ご来店の際にアドバイスさせていただきます。


次回は、お客様から一番ご相談の多い、シャンプ―に関するお悩みについて書きたいと思います。


お楽しみに!

閲覧数:203回