• AKARI CUT PARIS

毛先のパサつき解消法

更新日:10月19日

冬で乾燥しているせいか、最近よくお客様からご相談を受けるのが、

  • 毛先が突っ張る

  • 静電気が「半端ないですー」

  • いいシャンプーを使っているのに、毛先がパサパサ、乾燥する


といったお悩みです。


お客さまに「毛先は洗ってますか?」と伺うと、


「えっ!毛先って洗うんですか?地肌だけかと思った…」


「うーん、適当にやってて覚えてない」


もしくは、


「毛先はトリートメントだけでいいのでは?」


というお返事が返って来ます。


毛先のパサつきは洗い方」で解消


頭皮マッサージの重要性に関しては色々なところ(当店でも推奨しています)で耳にするせいか、シャンプーする時に「地肌」は意識されていると思います。


地肌をマッサージしながら洗った後、毛先を何となく泡立てて「ササッ」と終わらせるのではなく、

  • 手のひらと手のひらで毛先を泡で包み込みながら

  • しっかり泡立て「モミモミ、モミモミ」パン生地をこねるように

  • もしくは手のひらに「消毒ジェル」を付ける時の様なしぐさで

  • 最低20秒ぐらい

  • 力を入れる必要ありません、毛先をやさしい泡で包んであげましょう!



そうすると、だんだん毛先が柔らかくなってきます。


そして流すときも「もみ洗い」です。

下から上に動かしながら髪を「手のひらですくうように」して「モミモミ」しながら流します。


そして軽く水けを取り除き、トリートメントを「モミモミ」しながら付けます。


こうしてシャンプーされた髪はよくトリートメントが髪の内部に浸透しやすくなります。good👍


しつこいですが トリートメントを流すときも「モミモミ」洗いです。(笑)

大事な衣類をおけの中で洗剤をもみ落とすイメージです。


でも…


「地肌マッサージともみ洗いの両方は疲れる!」…という方は、

「今回は地肌、次回は毛先」と交互に、どちらかを意識して洗うといいと思います。


でひ試してみてください!継続してやっていくうちに、毛先のパサつきが改善されて行きます。


フランスでのシャンプーの頻度についてはこちら


次回は「どんなシャンプーを使うとあなたの髪をより美しくするのか」について書く予定です。





閲覧数:434回