• AKARI CUT PARIS

子供のヘアケア

更新日:3月22日


先日、このようなお便りを頂きましたのでご紹介いたします。


≪ …突然なのですが、子供の髪の手入れで何かアドバイスいただければと思います。


子供の髪はストレートなのですが、髪が細すぎてすぐに絡まってしまいます。

特に髪を洗った後、乾かしてからクシを入れるべきか?それとも乾かす前にやるべきか?

今は乾かしてからクシを入れてますが、絡まった所をほぐそうとすると「痛い!」と言って逃げてしまいます。

私は、髪を結んで学校行かせたいのですが、結ぶのも「痛い」と言って拒否します。

常にどこかが絡まっててボサボサな感じがします。≫


そして、このお客様がお嬢さんを連れてサロンにお見えになりました。


子供の髪を梳かす4つポイント


お子様が痛がらず、髪をブラッシングするのにはいくつかポイントがあります。


櫛ではなく、ブラッシングブラシを使う

②髪を洗った後に濡れている状態で梳かす

毛先から梳かし始める

④簡単に髪を梳かせるヘアケアプロダクトを使う


それでは、髪のブラッシングの仕方をおさらいしましょう!

まず、髪の中間を持ってあげます。こうすることによって髪が引っ張られていると感じません。毛先から始め、少しずつ頭皮へとブラッシングしてあげます。


更に、子供用のケアケアプロダクトを使います。



REVLON Professionel EQUAVE Soin Démêlant Instanté sans Rançage Kids 200ml


注意点:使う前によく振ってお使いください

Amazonで購入可能です。詳しくはこちら

お店でもご用意してます


この商品は流さないタイプのヘアトリートメントです。

"Démêlant" とは「髪を解きほぐす」という意味で、どんな髪質にもお使いいただけます。


使い方:


洗髪後、髪が濡れているときにつけます。今回の様にもちろん乾いた髪にもお使いいただけます。


シュッシュッと1~3プッシュ髪に振りかけ、先ほどご紹介したやり方でブラッシングをします。

あっと言う間に髪がサラサラ~になります。


お嬢さんに聞いてみたら「痛くない~」と言ってくれました。


お母様にも実演して貰ったところ、「娘の髪の絡まりが梳けた~」と喜んでくださいました。


ということで、今日はお嬢さん逃げませんでした〜^^。


後日、お母様からこんな嬉しいメッセージが届きました!


≪ 先日はありがとうございました。スプレーを使って以来、髪がとても良くなりました! Princesse(プリンセス) と書いてあるので、うちの子もとても気に入っています。気のせいかもしれませんが、髪を洗っても綺麗におさまっています。本当にありがとうございました≫


皆様も是非参考にしてみてくださいね!

ブラッシングブラシの詳細はこちら