• AKARI CUT PARIS

プロも唸る!ストレートアイロン

更新日:2020年12月3日

お客様の中には、日常的にストレートアイロンが必需品になっているという方がいらっしゃいます。

お話を伺うと、常に新しい商品をチェックしたり「実は何本も持っているのよー」とか。


「ちなみに、お幾らぐらいのものをお持ちですか?」伺うと、


「はじめは一番安い30€ぐらいのを買ったけど、なんか上手くいかないからそこそこいいのも買って、後は蒸気が出るのも買ったり…」と試行錯誤されているようです。


また、「アイロンやると髪が痛みますよね?」とか、


「温度は何℃で使うのがいいですか?」


など、使っているけど「何となく不安」に思っていらっしゃる方も多いようです。


今日はそんなお客様のために、市販のストレートヘア用アイロンの中でも「横綱級」の一本をご紹介します。


サロンで美容師が取り合い!


私がこのヘアアイロンを知ったきっかけは、サロンの同僚です。彼は、パリコレや雑誌の仕事をしていて、業界のホットな情報を私に色々教えてくれます。


その彼が最近「これすごく良いから使ってみて!」と、仕事先で貰ったというストレートアイロンを使って、かなりくせ毛の髪をアイロンしていました。


最初は「へーそうなの?」と何気なく見ていたのですが、


「あれっ!? なんか違うぞ」


「なんでそんなに艶がでてるのー?」


「しかも超ナチュラルで素敵〜🎵」


と思わず口にしたほどの仕上がりだったのです。


早速、私も試させてもらいました。「トレービアン」("trés bien")を連発。

私が騒いでいると、サロンのディレクターも「なになに?」と興味深々で寄って来たので、

彼女にも使ってもらうと、「完璧!」"impec" (impeccable)を連呼、

その後の数日間、皆で取り合いになりました。(笑)


と言う訳で、私も自分のが欲しくなり、すぐ買っちゃいました。


そのストレートアイロンがこちらです↓


ghd platinum+


美容師も唸る」このヘアアイロン、一体何でそんなにいいのか?早速調べて見ました。


まずアイロンの心臓部分である、プレートにセラミックを使用 

(プレート=髪をはさむ板の部分)


セラミックのいいところは、

・プレートに均一に熱を分布することが出来る

・髪にはさんだ時に滑らかに動かすことが出来る=力が要らないので使いやすい

(ちなみに、最近の洋服用アイロンでもセラミックが使われています。)


そもそもアイロンって、「電源をONにして、発生熱をプレートを通して髪や布に伝える」と言うシンプルな道具なのですが、


ghd platinum+ の特徴

① 高精度セラミックプレートを使用(特許申請済み)


髪に熱が伝わるまでの時間が数十秒で済むように、

プレート一面の感度を極限まで上げるコーテイングが施されているため、


「熱が均等に、しかも数秒で届く」


つまり、

数秒プレスを一度やるだけで、見事なつやとまとまり感を出せると言う事です。

(ghdによると、従来の物より、70%ダメージが減少し、20%の輝きが与えられるそうです)

② 超予測ゾーンテクノロジー(特許申請済み)

どんな髪質にも即座に分析予測して(まるで生きてるみたい!)その髪質の最高な状態を作り上げるように、熱を伝えます。



温度調整が不要の「楽チン」ヘアアイロン


もしかして、このようなご経験ありませんか?


「一生懸命プレスしているのに、なかなかまっすぐにならないから、